新制中国の望郷編➉ 越王公践の“臥薪嘗胆”

1993年1月7日午前10時には雨が止んだ。2500年もの歴史がある紹興の街には、心が弾むような木々の茂る府山があり、その南麓には越王台と越王殿がある。越王勾践(在位紀元前496~465)が、閲兵したといわれる、越王台に立って南を見る。大…

新制中国の望郷編⑨ 浙江省 紹興酒のふるさと

私は、1993年1月6日、浙江省東端の寧波を夕方の5時35分の汽車に乗って去り、紹興駅には8時に着いた。プラットホームで案内人の唐毅氏(27歳)が迎えてくれ、すぐに紹興飯店に案内された。小柄な彼は、杭州大学で日本語を学んだそうで、なかなか…

新制中国の望郷編⑧ 浙江省 稲作文化の河姆遺跡跡

浙江省の東端にある寧波の町から60キロ西の河谷平原に、今から7000年前の稲作文化を伝える河姆遺跡跡がある。 河姆渡稲作文化遺跡の標識 河姆渡は余姚市内にあり、市の文物管理委員会の同行がないと現場に行くことができないので、まず80キロ西の余…

新制中国の望郷編⑦ 安徽省 銅陵

中国大陸の安微省銅陵市は、揚子江(長江)中下流域にある人口60万の工業都市。しかし、1950年頃までは、市の大半が葦原で、揚子江が増水するたびに冠水していた。 銅陵市の鉱山 周囲の山々には金・銀・銅・鉄・硫黄などの鉱物資源が豊かなため、新制…

新制中国の望郷編⑥ 安徽省 黄山

世界複合遺産としての黄山は、72の奇峰からなる中国有数の景勝地で、1990年にはユネスコの世界文化遺産及び自然遺産に登録されている。 一泊した北海賓館 黄山登山用に二人で担ぐ乗り物 二人で乗り物を担いで坂道登る人夫 岩肌の滑らかな岩山 秀麗な岩…

新制中国の望郷編⑤ 江蘇省 徐福村

江蘇省連雲港の贛楡県金山郷に徐福村がある。神仙道の修行者である“方士”であった徐福は、紀元前3世紀頃、秦の始皇帝から不老不死の“仙薬”を捜すように命じられ、山東省から東海の日本列島の方に向かって出発し、帰って来なかったことで知られている人物で…

新制中国の望郷編④ 江蘇省 蘇州

蘇州は、江蘇省南東部の長江(揚子江)三角州の中心に位置し、運河に囲まれて縦横に水路が走る町。歴史は古く、春秋時代の紀元前514年に、呉王によって都城が築かれたのが始まりとされている。当時は呉州であったが、後の隋時代の紀元589年に“蘇州”に…

新制中国の望郷編③ 山東省 孔廟

孔子生誕の地である曲阜は、山東省の西南にある済南から南へ120キロ離れた、規模の小さな町。ここは、春秋戦国時代には魯の都であった所で、約800年間栄えていたという。曲阜と名付けられたのは、隋時代の紀元596年のこと。 曲阜の孔子廟への道 曲…

新制中国の望郷編② 山東省 泰山

泰山のある泰安市は、山東省中部にある人口500万余りの町。泰山は世界の複合遺産にも登録されている世界的に有名な山。 泰山頂上からのご来光 仙人が住むと思われていた泰山頂上 早朝、泰山頂上から西を見る 泰山頂上でご来光を待つ筆者 古代においては、…

新制中国の望郷編① 山東省 蓬莱市

蓬莱市は、山東半島の北部に位置する煙台市から北西約74キロに位置し、北は渤海、南は黄海に面しており、黄渤海分界線がある。 浜辺から蓬莱閣を望む 蓬莱湾で小舟に乗って遊ぶ子供たち 黄渤海分界地点に立つ筆者 蓬莱は、古代において秦の始皇帝が訪れ、…

新制中国の望郷編 序章

はじめに 私は、1975年9月に初めて北京を訪れて以来、2018年4月までの43年間に、中華人民共和国に80回訪れ、ほぼ全省を探訪した。 1976年6月、初めて万里の長城を見学した筆者 1976年当時の長安街 1976年当時の天安門 1976年6月当時、故宮の中…

ミャンマー北部探訪㊹ 最終地ホマリンへ(最終回)

12月19日午後2時17分トンヘを出発し、55キロ川上の最終地ホマリンに向かった。船長は、川の流れが浅くなっている所が多いので、何としても明るいうちに着きたいと、スピードを上げた。 鶏のケージを満載して川上に向かう船 船行中に何度かベニヤ板…

ミャンマー北部探訪㊸ トンヘ村のナンデモウ寺院

12月19日午前6時過ぎに目が覚めた。3泊したパウンピンのゲストハウスを7時に出て、チンドゥイン川沿いにある店で、ラーメン風のモヒンガーを2杯も食べた。 濃霧の中を進む舟 午前7時半に40キロ川上のトンヘに向かって出発した。このところ早朝は…

ミャンマー北部探訪㊷ 藩王の村タウンダット

12月17日、宿泊した左岸にあるバウンピンの町で朝食してから、20キロ川上のタウンダットに向かった。そして、右岸のやや高くなっているタウンダットの村に9時50分に着いた。着いたと言っても川岸には何もなく、砂地に乗り上げたのである。 パウンピ…

ミャンマー北部探訪㊶ 日本兵の遺体を川に流したヘロー村

シッタンを12月16日の午後3時半に出発し、右岸にあるヘロー村の船着き場には4時20分に着いた。 途中で見かけた小さい川舟 川を下る貨客船 船着場から砂地の斜面を200メートルほど歩いて上がると、広い平地になっていた。ここは雨季には水没するが…

ミャンマー北部探訪㊵ 日本語を話すシッタンの老人

12月16日、午前8時前にモーライクを出発し、午後2時半にシッタンに着いた。 シッタンに向かう途中出会った貨客船 船は寺の南の砂浜に乗り上げて接岸した。高さ8、9メートルほどの堤の坂道を登ったところで迎えてくれたのは、この1月にも案内してく…

ミャンマー北部探訪㊴ 日本の敗残兵が埋もれたモーライク

12月15日、午前11時過ぎにカレワから北のモーライクへ向かった。 カレワの数キロ川上には、チンドゥイン川に架かる2番目の橋が建設中で、日本の会社もかかわっており、もうかなり工事が進んでいた。 建設中のチンドウイン川第二の鉄橋の東側 建設中の…

ミャンマー北部探訪㊳ 大蛇のいるシュエジン村

チンドゥイン川の左岸にあるシュエジン村は、南北を低い砂岩の山に挟まれた谷間にあり、入口は幅200メートルくらいで狭いが、奥行きがあるのか、小川が流れ出ており、砂の多い重厚な砂地が続いている。カレワから10数分下って来た船は、その砂浜に乗り…

ミャンマー北部探訪㊲ カレワの町

カレワはチンドゥイン川沿いの古い小さな町で、外国人が泊まれるようなホテルはなかった。ここから45キロ西のカレーミョまで行き、そこのモダンなホテルに泊まった。 舟から見たカレワ全景 船溜まりが二つの川の合流点 12月15日、カレーミョからメタ川…

ミャンマー北部探訪㊱ モンユワからカレワへ

私たち日本人4人は、モンユワから570キロ北のホマリンまで、ミャンマー北西部を北から南へ流れるチンドゥイン川を船で遡上する、かつての「インパール作戦」において、チンドゥイン川沿いで、戦病死した万を超すとも言われる日本兵の霊を弔う、「チンド…

ミャンマー北部探訪㉟ メイッティーラの慰霊所

私は、ビルマ戦線における最後の激戦地ともいえるエーヤワディ会戦の、最終地であったメイッティーラの慰霊所を、2016年1月20日に通訳兼ガイドのモン女史と共に、マンダレーから車をチャーターして訪ねた。 マンダレーから南のヤンゴンまで600キロも…

ミャンマー北部探訪㉞ インドとの国境の町タム

2015年1月当時、ミャンマーはまだ外国人が旅行できない地域があった。1月10日頃、マンダレーのミャンマー観光案内所に、インド東北部のインパールに最も近い国境の町、タムへの旅行許可願いに訪れた時、対応してくれた事務員は、次のように話した。 …

ミャンマー北部探訪㉝ モンユワの日本人墓地

マンダレーからモンユワまでは西へ約160キロ。道の両側には稲の収穫が終わった切株田が続いているが、時々横切る小さな川には水がない。乾燥に強いねむの木科の木やユーカリなどが生えているが、大地は乾燥して、木々はあまり成長していない。 モンユワ駅…

ミャンマー北部探訪㉜ ピュー世界文化遺産

シュエボの町から25キロ東の平原の中に、紀元1世紀頃の“ピュー世界文化遺産”があると言うので見学に行くことにした。 シュエボでチャーターした三輪タクシー 途中での修理中 1月18日午前10時、三輪タクシーをチャーターして、モンさんの案内でシュエ…

ミャンマー北部探訪㉛ 稲作地帯の町シュエボ

2016年1月17日、マンダレーから130キロ北西の平原にある町シュエボを、通訳兼案内人のモン女史と共に訪れた。シュエボは、1752年にビルマ族の英雄アラウンパヤー王によって建設され、僅か8年間だけ首都であったが、ビルマ族にとっては発祥の…

ミャンマー北部探訪㉚ マンダレーの波止場

北部ミャンマーの中心地マンダレーは、海から600キロも内陸に入った、人口100万もの大きな町で、陸・空・川の交通網の拠点でもある。 マンダレーの、エーヤワデイー河岸辺の波止場 マンダレーの波止場に佇む筆者 海の中にある日本列島とは違って大陸に…

ミャンマー北部探訪㉙ ナガ族の町ラヘ 

インド東北部のナガランドを2度訪ね、民族踏査をしたたので、ミヤンマー北西部の山岳地帯にあるミヤンマー側のナガ族の町、ラヘを訪れるために、カムティを訪ねた。 カムティからラヘへの道は、山坂が多い悪路で乗り合いバスはないし、乗用車では無理だとの…

ミャンマー北部探訪㉘ カムティの朝市の朝食

カムティは午後10時に消灯し、その後は暗闇である。消灯後は何の音もないが、時々犬の鳴き声が聞こえるだけだった。 カムティの夜明け、午前7時前 午前7時前に起床し、7時半からゲストハウス近くにある朝市に出かけた。ミャンマーでは朝市はどこも活気が…

ミャンマー北部探訪㉗ 川沿いの町カムティ

ミャンマー西北部の山岳地帯にあるナガ族の町、“ラヘ”を訪ねるため、2017年11月26日に、マンダレーからカムティへ飛んだ。 カムティ飛行場 カムティ空港に午後1時に着いた。初めての町で何も情報がなかった。空港のオフィサーに話しかけ、日本から…

ミャンマー北部探訪㉖ プーターオの子どもたち

私は、青少年教育団体の理事長をしているので、学校を見物したい旨を伝えると、ディンゴー君が、シャン族が住むカンキョ村にある“サーチ・ハイスクール”に案内してくれた。先ず女性校長のダケイ・チーチョさんに会い、私の英文の名刺を渡して、青少年教育の…