新制中国の望郷編㉛ 雲南省 雲南諸民族の踊り

 雲南省南東部の景洪の町には、タイ族にとっての元日の正午前から、シーサンパンナの少数民族が、民族衣装を着飾って集まり、ニッパヤシの広い並木道が約5万人の人で埋まった。そして、民族ごとに集まって、歌い踊るので身動きできないほどであった。

f:id:moritayuuzou:20210817163901j:plain

各民族の踊りを見に集まった5万もの人たち

f:id:moritayuuzou:20210817163923j:plain

踊り隊の先導をする大太鼓隊
f:id:moritayuuzou:20210817164107j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817164116j:plain
タイ語の横膜と大太鼓をたたく人

 私は、タイ語通訳のタオさん、漢語通訳の呉さんの案内で、大混雑と耳慣れない歌や打楽器の音、それに見慣れない踊りに、少々興奮気味に歩き廻って撮影した。

f:id:moritayuuzou:20210817164241j:plain

若い女性たち

f:id:moritayuuzou:20210817164252j:plain

色々な民族が一堂に会している

f:id:moritayuuzou:20210817164331j:plain

さて、何族の娘だろう?

 町の中央にある景洪百貨店前の十字路が、回転交差になっている。ここから四方へ広い並木道が走っているのだが、東側と北側は人で埋まっている。西側はそれほどでもないが、自由市場が開かれている南の方にも人が多い。

f:id:moritayuuzou:20210817164349j:plain

隊列を組んで踊るタイ族の青年たち

f:id:moritayuuzou:20210817164358j:plain

踊るタイ族の娘たち

f:id:moritayuuzou:20210817164407j:plain

踊るタイ族の娘
f:id:moritayuuzou:20210817164602j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817164614j:plain
自由市場でせんべいなどを売る女性たち

f:id:moritayuuzou:20210817164632j:plain

自由市場で納豆を売る女性

 いろいろ見て回ったが、最も活発で、豪快に歌い踊っていたのはチンポー族であった。チンポー族は、山岳農耕民であり、お茶を栽培している。景洪から20キロくらいの所にある彼らの村には、樹齢千年を超える茶の木があると言われている。村には「若者宿」があり、自由恋愛で女性が妊娠してから夫を指名する風習があるそうだ。

f:id:moritayuuzou:20210817164911j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817164921j:plain
シンバルを打ち鳴らすチンポー族の老人と太鼓をたたく男たち

 チンポー族の男たちは、直径60センチの丸木をくり抜いた太鼓を力強く叩き、銅鑼を打ち鳴らし、シンバルを打ち合わせて、かけ声をかける。そして男女ともに足を踏み出し、両手を交互に突き上げながら、かけ声と共に張り切って踊る。

 「ヨーソレソレソレソレ・ソーレ、ソレソレソレ、ヨーヨ、ヨーホイ、ソーイソイ」

 日本的なこんなかけ声があり、耳に大変なじみやすかった。 

f:id:moritayuuzou:20210817165022j:plain

太鼓をたたきながら踊るチンポー族の男たち
f:id:moritayuuzou:20210817165047j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817165035j:plain
チンポー族の踊る男と歌う女性たち

f:id:moritayuuzou:20210817165100j:plain

太鼓に合わせて踊るチンポー族の女性たち

 次によく目についたのはハニ族であった。ハニ族の男は勤勉で勇敢だといわれ、女性は働き者で銀の飾りを好むと言われている。彼らは水稲と茶を栽培する稲作農耕民である。

f:id:moritayuuzou:20210817165423j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817165318j:plain
ハニ族の娘たち

f:id:moritayuuzou:20210817165452j:plain

踊るハニ族の娘たち

 彼らの歌は胡弓のような弦楽器を弾きながら、男と女が交互に合唱する。女性はソプラノで、透き通った声が風のように流れる。それに合わせて、民族衣装の娘たちが、チンポー族と比べやや動きが小さく、ゆったりと踊る。

f:id:moritayuuzou:20210817165612j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817165622j:plain
ジノー族の娘たち
f:id:moritayuuzou:20210817165940j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817165949j:plain
歌いながら踊るジノー族の娘たち

f:id:moritayuuzou:20210817170008j:plain

並んで踊るジノー族の娘たち

 蝶蝶の仮装をしたタイ族の娘たちの踊りは、島根県津和野の鷺舞に似た、ゆっくりした踊りだった。娘たちは両手をゆるやかにあげたり、さげたり、回したりして、日本舞踊に似た仕種である。

f:id:moritayuuzou:20210817170041j:plain

蝶々の仮装 をしてゆったり踊るタイ族の娘たち
f:id:moritayuuzou:20210812195448j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817170058j:plain
     タイ族の娘と踊る筆者                 のびやかにゆったり踊るタイ族の少女         

f:id:moritayuuzou:20210817170108j:plain

傘踊りをするタイ族の娘たち

 男たちは象脚鼓と呼ばれる、象の足のような細長い筒状の太鼓を打ち鳴らして、左右に身体をひねりながら踊る。

f:id:moritayuuzou:20210817170359j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817170343j:plain
象脚鼓を叩くタイ族の青年たち
f:id:moritayuuzou:20210924165636j:plain
f:id:moritayuuzou:20210924165349j:plain
象脚鼓を叩きながら踊るタイ族の青年たちと踊るタイ族の娘たち

 他にワ、プーラン、ジノー、サニー、ラフ族などの踊りを見た。野外での踊りを見て気づいたのだが、踊りに2つの型があった。それは、チンポー・ジノー・ワ・プーラン・サニ・ラフ族のなどのように、大変活発で動きが激しく、飛んだり跳ねたりする踊りの型と、タイやハニ族のように、動きが小さく、ゆったりと優雅に踊る型である。

f:id:moritayuuzou:20210817170956j:plain
f:id:moritayuuzou:20210817171018j:plain
踊るプーラン族の娘たち

f:id:moritayuuzou:20210817171037j:plain

踊るラフ族の娘たち

f:id:moritayuuzou:20210817171108j:plain

踊るワ族の娘たち

f:id:moritayuuzou:20210811143715j:plain

サニ族の娘たちの踊り

 日本舞踊は庶民的な踊りではないが、盆踊りは庶民の踊りで、動きが大きく活発である。それからすると、タイやハニ族の踊りは日本舞踊に通ずるものがあり、チンポー・ジノー・ワ・プーラン族などの踊りは盆踊り的であった。

f:id:moritayuuzou:20210817132306j:plain

詳しくは拙著「倭人の源流を求めて」(講談社出版)をご覧ください。