ヨーロッパ

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊵ リスボン→バルセロナ(最終回)

ユーラシア大陸横断鉄道の旅の終着点は、リスボンのサンタ・アポロニア駅であるが、もう1つの目的地は、本年(1992)7月にオリンピック大会が開催されるスペインのバルセロナである。 リスボンのサンタ・アポロニア駅舎 スペインのマドリード行き列車 …

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊴ リスボン→ロカ岬

予定通りリスボンのサンタ・アポロニア駅に着き、ティボリ・ホテルに1泊した翌日の5月16日、リスボンは曇っていた。ユーラシア大陸を横断したという以上、ヨーロッパ大陸の最西端であるロカ岬を訪ねないわけにはいかない。 ロカ岬を案内してもらうため、…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊳ マドリード→リスボン(ポルトガル)

マドリードからリスボン行きの列車は、5月15日午後1時55分、「ピー」という笛の合図で発車した。車両はスペイン製で、車掌もスペイン人の若い女性。車内放送はスペイン語とポルトガル語、そして英語が使われている。軟座の2等は2人掛けで、ほぼ満席…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊲ パリ→マドリード(スペイン)

0108 5月14日午後6時半、パリのノルマンディ・ホテルからスペインのマドリード行きの列車が出るオーステルリッツ駅に向かった。車の渋滞でセーヌ川沿いで30分以上もかかり、駅には7時過ぎに着いた。 オーステルリッツ駅舎 オーステルリッツ駅構内 駅…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊱ 白い街パリ

パリ東駅から乗ったタクシーの運転手は、カナリア諸島出身で英語を話した。私はフランス語が話せなかったので、言葉が通じると気が楽になった。夕暮れのパリを眺めながら、ルーブル美術館近くのノルマンディ・ホテルに10数分間で着いた。このホテルは、昔…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉟ フランクフルト→パリ(フランス)

ライン川の支流マイン川下流の西岸に発展した、人口70万以上もの大都市フランクフルトの駅舎の構内は、天井が高くて大きいカマボコ型。しかも柱がないので広々として明るく気持ちが良い。 フランクフルト駅構内 構内には乗り降りの客が多く、モダンな売店…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉞ ベルリン→フランクフルト

5月13日、午前6時に起床し、ホテルから歩いて10分ほどのツオ駅に行く。以前ベルリンを訪れた時、小さな駅に過ぎなかったが、今は駅ビルが建ち、大変モダンになっている。プラットホームは2本だが、西ベルリン当時から中心街に最も近い、国際列車の発…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉝ ベルリン風情

ベルリンに着いて、ホテルで2時間も横になって休んでいると疲労感は取れた。その代わり、屋台の拉麺の香りが懐かしく、無性に食べたくなった。 ベルリン中心街の噴水池 ベルリン街頭の花屋 クルフェルステンダム街 ホテルを出てタウエンツイン通りを歩く。…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉜ ワルシャワ→ベルリン(ドイツ)

ワルシャワに1泊した翌5月12日、午前5時に起床。どんより曇っていたが、部屋に運ばれた朝食を急いて食べ、直ぐにタクシーで中央駅に向かう。 ベルリン行きの乗客たち ベルリン行きのプラットホーム 古い友人のステフアニアさんが見送りに来てくれた 6…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉛ モスクワ→ワルシャワ(ポーランド)

5月10日午後2時半、ワルシャワ行きの国際列車の発着駅であるベラルースキー(白ロシア)駅に着く。大きな駅で入口が2ヵ所あり、人が多い。特に2番ホームのワルシャワ行きのプラットホームは、たくさんの荷物を持った人で混雑している。 ベラルースキー…

石造りの街バレッタ(2003年1月)マルタ

私は、2003年1月26日午後1時半発のJAL407便で成田を出発し、ドイツのフランクフルトでマルタ航空のKM329便に乗り換え、同じ日の午後10時にマルタ国際空港に着いた。日本よりも8時間遅いので、なんと16時間30分もの長い旅であった。 …

ベルリンの壁崩壊後の壁の様子(1990年5月)

第二次世界大戦後、戦争に負けたドイツは、東ドイツと西ドイツに分離されたが、首都であったベルリンも東西に分離された。 西ベルリンの象徴クルフェルステンダム教会 東ドイツは、1961年8月13日に、東西ベルリン間の通行を遮断し、西ベルリンの周囲…

バルカン半島の不思議①(1972年5月)スロベニア

ポストイナの鍾乳洞 私は、もうずいぶん前の1972年5月頃に、バルカン半島を車で旅したことがある。その時スロベニア共和国の首都リュブリヤーナから西南のポストイナの鍾乳洞を訪ねた。 ポストイナ鍾乳洞の入り口は、山の斜面に抱き込まれるように建っ…

分割されたニコシア(2003年1月) キプロス

私は、2003年1月28日の朝9時20分マルタ発の飛行機に乗り、ローマの新空港FUIUMICIONOに11時に着いた。しかし、キプロス航空のパイロットのストライキで5時間足止めをさせられた。午後4時30分に飛び立った飛行機は、2時間45分の飛行でキプ…

岩山のゲハルド修道院(1998年8月)アルメニア

1998年8月29日午前4時50分に、グルジアの首都トビリシからアルメニアの首都エレバンの飛行場に着いた。ところが、入国のチェックがなく、パスポート(旅券)にスタンプを押さない。係員にパスポートを見せて尋ねたら、「いいから外に出なさい」と…