地球へめぐり紀行

新制中国の望郷編

ミャンマー北部探訪

ミャンマー北部探訪⑮ ミングオンの大鐘

マンダレーから10キロほどエーヤワディー河をのぼった川沿いにあるミングオンは、王都になったことはないが、史跡があり、マンダレーから近いこともあって有名な観光地になっている。 マンダレーから対岸のミングオンにわたる筆者 私はマンダレーから船で…

ミャンマー北部探訪⑬ 僧院の僧侶たちの食事

ウー・ベイン橋を見終えて、車に10時に戻ると、運転手が、僧院の僧侶たちが10時15分から一斉に食事をするので、是非見るようにと勧めてくれた。彼の案内で橋の近くにあった大きなマハーガンダーヨン僧院を訪ねると、すでに沢山の観光客が取り巻いてい…

ミャンマー北部探訪⑫アマラプラのチーク材の橋

マンダレーの周辺には、シャン族・モン族・ビルマ族などが都にした町が3カ所ほどあり、その1つがアマラプラの町。 アマラプラのタウンタマ湖 マンダレーから11キロほど南にあるアマラプラは、エーヤワディー河とタウンタマン湖に挟まれた所にある。ここ…

ミャンマー北部探訪⑪ ザガイン・ヒルの日本兵墓地

マンダレー南部郊外のエーヤワディー河の対岸にあるザガイン・ヒルは、沢山の仏塔が建っていることで有名なのだが、日本人にとっては、旧日本軍兵士の墓地があることで知られている。 マンダレー側から見たザガイン・ヒル ザガイン・ヒルの仏塔群 ザガインの…

ミャンマー北部探訪➉ 衣類の多様なデザイン

マンダレーのゼーチョー・マーケットの隣りにあるショッピングモールの中の衣料品市場をのぞいてみると、通り狭しと衣類が陳列され、多くの女性で混雑していた。 ショッピングモール「ミヤンマー・ラザ」の入口 ショッピングモールの中の衣類街 所狭しと並ん…

ミャンマー北部探訪⑨ マンダレーの王宮

マンダレーは、ビルマ族最後のミンドン王によって、1851年に建設され王宮のある古都。その王宮の敷地は一辺が2キロもある正方形で、高さ8メートルの赤いレンガ造りの厚い壁に囲まれている。その壁の外には水を湛えた幅70メートルもの大きな堀が巡ら…

ミャンマー北部探訪⑧ マンダレー・ヒル

マンダレーの中心街から北へ5、6キロ離れたマンダレー・ヒルまでサイケ(オートバイタクシー)を雇って行った。 1978年1月当時の王宮の堀から北を見上げたマンダレー・ヒル マンダレー・ヒルの下から中腹を見上げる ヒルの入り口には大きな2頭のライオン…

ミャンマー北部探訪⑦ 市場で働く女性たち

マンダレーにはいろいろな人々が住んでいる。ビルマ族、シャン族、カチン族、モン族、インド系、中国大陸系、バングラディシュ系など多民族の顔や衣装が溢れている。しかし、はっきり見分けるのはたいへん難しい。まずは、ゼーチョー・マーケットの市場で働…

ミャンマー北部探訪⑥ ゼーチョー・マーケット

私は、マンダレーには5度訪れ、便利なのでいつも旧市街にあるニュースター・ホテルに泊まった。ホテルの目の前には、マンダレーで一番大きなゼーヂョー・マーケットがある。 ゼーチョー・マーケットでのバナナ売り オートバイタクシーは、人も荷物も運ぶ タ…

ミャンマー北部探訪⑤ 古都マンダレー

ミャンマー東北の町チャイントンからヘイホー経由でビルマ族の都であったマンダレーに飛んだ。 モダンなマンダレー駅舎 ミャンマー北部の中心地マンダレーは、もともとビルマ王国の首都であった。人口100万人だそうだが、その3分の1が中国大陸から南下…

ミャンマー北部探訪④ 多民族が集う市場

朝8時、“シャン・マーシェチジー”と呼ばれる、チャイントンの中央市場を訪れた。朝の市場には、周辺の山岳地帯から1万人ものいろいろな民族が集まると言われていたが、噂に違わず多種多様な民族が集まった活気のある、大きな市場があった。 チャイントンの…

ミャンマー北部探訪③ チャイントンの街

タチレイの町から約160キロ北のチャイントンまで、バスで4時間余りかかった。 チャイントン郊外のバスターミナルに着いたが、一般的に外国旅行者が訪れることは出来なかった町なので、町に関する情報はない。ミャンマーはイギリスの植民地であったので、…

ミャンマー北部探訪② タチレイの寺院巡り

東南アジアのラオスやタイにも多い、小型トラックや小型三輪のタクシー”サイカ”は、安いが乗り心地は良くない。20代と思える人の良さそうな青年が、200バーツ(約650円)で半日市内観光するというので、彼の運転する車に乗った。 華やかな色彩のダイ…

ミャンマー北部探訪① 国際都市タチレイ

タイとの国境メーサーイ川にかかる幅50メートルほどの橋を渡ってミャンマー側の町タチレイに入った。 タイ国との国境”メーサーイ川” 国境事務所を越してミヤンマー側の町タチレイの入口 毎日大勢のミャンマー人が給料の良いタイ側に出稼ぎに行き、沢山のタ…

ミャンマー北部探訪 序章

はじめに 私は1965(昭和40)年2月に初めてビルマ(現ミャンマー)を訪れて以来、日本の民族的、文化的源流を探捜する目的で、中国大陸東南部から南下してきたと思われる、ミャンマー北部の山岳地帯に住む、越系民族を踏査することもあって、これまで…