地球へめぐり紀行

ミャンマー北部探訪 編

ミャンマー北部探訪⑥ ゼーチョー・マーケット

 私は、マンダレーには5度訪れ、便利なのでいつも旧市街にあるニュースター・ホテルに泊まった。ホテルの目の前には、マンダレーで一番大きなゼーヂョー・マーケットがある。

f:id:moritayuuzou:20210415185208j:plain

ゼーチョー・マーケットでのバナナ売り

f:id:moritayuuzou:20210415185212j:plain

オートバイタクシーは、人も荷物も運ぶ

f:id:moritayuuzou:20210415185216j:plain

タケノコの漬物

f:id:moritayuuzou:20210415185220j:plain

雑多な市場街

f:id:moritayuuzou:20210415185229j:plain

調味料としての唐辛子の粉

f:id:moritayuuzou:20210415185238j:plain

川魚売り

f:id:moritayuuzou:20210415185248j:plain

竹筒で焼いたモチ米の飯

f:id:moritayuuzou:20210415185243j:plain

みかん売り

 熱帯の果物や野菜、川魚や肉、雑貨など、何でも木の台の上や路上に直に並べて売っている。屋外市場は、日本の朝市を大きくしたようなものだが、多民族で人出が多く活気があり、異国情緒や雑多な雰囲気があるので、異国情緒に慣れていない日本人は、異文化と未知への旅心をくすぐられる。

f:id:moritayuuzou:20210415184101j:plain

黒米と白米で作った餅(柔らかくてうまい)

f:id:moritayuuzou:20210415184105j:plain

表の殻を取り去って、ココナツミルクを取り出すためのココナツ売り

f:id:moritayuuzou:20210415184109j:plain

餅の量り売り

f:id:moritayuuzou:20210415184124j:plain

サトウキビから作った砂糖菓子

f:id:moritayuuzou:20210415184128j:plain

餅や芋を売る婦人

f:id:moritayuuzou:20210415184132j:plain

路上の市場風景

f:id:moritayuuzou:20210415184137j:plain

野菜売り

f:id:moritayuuzou:20210415184141j:plain

鶏肉売り

 このようなオープンマーケットは、一般的にあまり衛生的ではないのだが、そんなことよりも町の心臓部の鼓動が感じられ、人間本来の生き様としての食の原風景の活気にのまれ、時の経つのを忘れがちになる。何度訪れても、ついつい魅せられて、長居をしてしまう。私は、どの町を訪れても、まず市民生活のわかる市場を見ることにしている。 

f:id:moritayuuzou:20210415184115j:plain

物を頭にのせて売り歩く婦人

f:id:moritayuuzou:20210415184119j:plain

街頭で食事をする人たち