地球へめぐり紀行

新制中国の望郷編

ミャンマー北部探訪㉚ マンダレーの波止場

 北部ミャンマーの中心地マンダレーは、海から600キロも内陸に入った、人口100万もの大きな町で、陸・空・川の交通網の拠点でもある。

f:id:moritayuuzou:20210527165844j:plain

マンダレーの、エーヤワデイー河岸辺の波止場

f:id:moritayuuzou:20210527165742j:plain

マンダレーの波止場に佇む筆者

 海の中にある日本列島とは違って大陸における大河は、海と同じ役目を果たし、古来物資輸送には欠くことのできない高速道路的な道であった。

f:id:moritayuuzou:20210527165806j:plain

エーヤワデイー河岸辺の波止場

 ミャンマーの中央部を南北に貫通する大河,,エーヤワディー河沿いにあるマンダレーには、沢山の川船が行き交う港・波止場がある。海沿いの波止場や港と同じように表記すれば少々違うが、大陸の大河は季節によって水量が上下するので、常設の施設を設置するのが困難で、波止場は古来変わりなく岸辺の船着き場的な所である。

f:id:moritayuuzou:20210527165859j:plain

エーヤワデイー河航行中の貨物船 対岸はザガインの丘

f:id:moritayuuzou:20210527165811j:plain

接岸した物資輸送船

f:id:moritayuuzou:20210527165754j:plain

タグボート

f:id:moritayuuzou:20210527165747j:plain

接岸した荷物運搬船

 そこは、観光用の遊覧船や庶民が日常的に使っている客船、運搬用の貨物船、はしけ船、小さな漁船などが、絶え間なく行き交うなかなか忙しい船着き場のような波止場である。

f:id:moritayuuzou:20210527165835j:plain

渡し舟

f:id:moritayuuzou:20210527165840j:plain

大きな網を立てた漁船

f:id:moritayuuzou:20210527165830j:plain

網を川の中に沈めようとする漁師たち

f:id:moritayuuzou:20210527165822j:plain

小さな漁船

f:id:moritayuuzou:20210527165826j:plain

漁網を引き上げる漁師

 北の町を訪れてからマンダレーに戻り、しばらく休みなく動いていたので、休憩を兼ねてエーヤワディ河の岸辺に佇んで、行き交う船を眺めた。

f:id:moritayuuzou:20210527165854j:plain

マンダレーの波止場近くで、小舟に乗って魚釣りをする人々

 マンダレーの波止場、港である船着き場近辺のエーヤワディ河の様子をご覧あれ。

f:id:moritayuuzou:20210527165849j:plain

ビルマ戦争中は破壊され、戦後再建されたエーヤワデイー河にかかるザガイン鉄橋