地球へめぐり紀行

新制中国の望郷編

ミャンマー北部探訪㉑ ミッチーナーの路上マーケット

 ミッチーナーは、エーヤワディー河沿いにある、人口30万人もの大きな町。川沿いには常設の大きなマーケットがある。人口増加が激しいので、それでは足りなくなったのか、夕方になると、川沿いのマーケット街から直角状に延びた、駅近くのZay Gyi St(ザイ・ギー街)と呼ばれる大通りの、川寄りの一部が交通止めになって、巨大な路上マーケットが開かれる。近郊の農民や漁民などが直接物を持ち込んで、直販的な市場。

f:id:moritayuuzou:20210511165436j:plain

午後4時ころから路上マーケットが始まる

f:id:moritayuuzou:20210511165440j:plain

準備をする人々

f:id:moritayuuzou:20210511165813j:plain

道路の中央に商品を置く

f:id:moritayuuzou:20210511165447j:plain

いろいろなものが売られている

f:id:moritayuuzou:20210511165443j:plain

午後4時半頃

 ミャンマー北部では、私の知る限り一番大きな路上市場で、どのような具合に開かれているのか、取材できなかったが、とにかく午後4時頃から、広い道路の中央部に、あっという間に物がどんどんと置かれ、両側を人が行き交う、長さ300メートルほどの路上マーケットが発生する。

f:id:moritayuuzou:20210511165450j:plain

午後5時頃

f:id:moritayuuzou:20210511165454j:plain

エーヤワデイー河で採れる魚

f:id:moritayuuzou:20210511165458j:plain

料理用の酢みかん売り

 売られている物は新鮮な野菜、果物、川魚、それに食料品類などが多いが、とにかく日常生活に必要なものはたいてい何でもある。

f:id:moritayuuzou:20210511165501j:plain

午後5時半頃

f:id:moritayuuzou:20210511165505j:plain

人出が多くなる

f:id:moritayuuzou:20210511165509j:plain

5時から6時ころまでがピーク

f:id:moritayuuzou:20210511165514j:plain

川魚売り

 午後5時頃から6時頃に人出が一番多く、夕暮れが近くなるとマーケットの人は徐々に少なくなり、路上の市場もあれよあれよという間に消えてなくなる。暗くなると、いつもと変わりない車の通る道になる。

f:id:moritayuuzou:20210511165521j:plain

午後6時頃

f:id:moritayuuzou:20210511165525j:plain

豆腐も売られている

f:id:moritayuuzou:20210511165530j:plain

6時ころまでは大変賑やか

f:id:moritayuuzou:20210511165534j:plain

6時を過ぎると徐々に人が少なくなる

f:id:moritayuuzou:20210511165538j:plain

6時半頃には客が去る

 ミッチーナーには2015年以来3度訪れたが、最も活気があり、人出が多かったのは、2016年1月に見た、この夕方に発生する路上マーケットであった。

f:id:moritayuuzou:20210511165541j:plain

市場近くで客を待つオートバイタクシー