地球へめぐり紀行

新制中国の望郷編

ミャンマー北部探訪㉘ カムティの朝市の朝食

 カムティは午後10時に消灯し、その後は暗闇である。消灯後は何の音もないが、時々犬の鳴き声が聞こえるだけだった。

f:id:moritayuuzou:20210519185252j:plain

カムティの夜明け、午前7時前

 午前7時前に起床し、7時半からゲストハウス近くにある朝市に出かけた。ミャンマーでは朝市はどこも活気があるのだが、カムティの朝市も、人口3万人にしては大きくて活気があった。

f:id:moritayuuzou:20210519185301j:plain

常設市場の外にある街頭の朝市

f:id:moritayuuzou:20210519185351j:plain

朝市で売られていたいろいろな米

 中でも川魚を売っている場所は人出が多く活気があった。鯉のような大きな魚から、コハダのような小型の魚など、多種な魚が台の上に並べられていた。それに大きな川エビなどがあり、さすが大川のそばの町で、新鮮な川魚が売られていた。

f:id:moritayuuzou:20210519185323j:plain

朝市の川魚売り

f:id:moritayuuzou:20210519191150j:plain

大きなナマズ

f:id:moritayuuzou:20210519185317j:plain

大声をあげて元気よく魚を売る女性

 朝6時半頃から開いている朝市には、人出が多い。市場の中で朝食する人がいるので、食事場も多い。レストランとか食堂などの名称はふさわしくない、屋台のような場所が多い。中には街頭で揚げ物を売っているので、立ち食いもある。

f:id:moritayuuzou:20210519185256j:plain

朝市で揚げパンを作って売る女性

f:id:moritayuuzou:20210519185305j:plain

街頭で立ち食いする女性

f:id:moritayuuzou:20210519185309j:plain

朝市で揚げ物を作る女性

f:id:moritayuuzou:20210519185313j:plain

街頭でいろいろな種類の揚げ物を作って売る女性たち

f:id:moritayuuzou:20210519185336j:plain

朝市で揚げパン作りの小さな工場

f:id:moritayuuzou:20210519185355j:plain

揚げパン作り

 朝市の中でよく目にしたのは、米の麺、ビーフン料理であった。シャン・カウソエと呼ばれる一種のラーメンのようなものだが、一杯1000チャット(約73円)がよく食べられていた。

f:id:moritayuuzou:20210519185327j:plain

朝市の屋台食堂

f:id:moritayuuzou:20210519185331j:plain

ビーフン料理、シャン・カウソエを食べる女性たち

f:id:moritayuuzou:20210519185345j:plain

屋台食堂で朝食をとる家族

f:id:moritayuuzou:20210519185400j:plain

ビーフン料理を作る屋台食堂の女性

 中には米の蒸しパンや上げ餃子のようなものを食べている人がいたが、とにかく忙しいのだろう、ゆっくり食べている人は殆どいなくて、数分で食べ終える人が多かった。

f:id:moritayuuzou:20210519185341j:plain

朝市で売られていた円状の扁平な餅