地球へめぐり紀行

新制中国の望郷編

ミャンマー北部探訪㉕ 朝市に多種の川魚

 12月初めのプーターオの早朝は、濃霧がたなびいて摂氏12・3度と肌寒い。

f:id:moritayuuzou:20210513101000j:plain

夜明けの朝6時ころから始まる朝市

 午後10時から午前5時頃までは電気の明かりがない町だが、夜明けの午前6時頃から朝市が開く。昔ながらの素朴な朝市で、近くの村々からやってきた売手と、食材を求める人々が大勢やってくるので、特に6時半から7時半頃までは、人出が多く混雑する。

f:id:moritayuuzou:20210513101013j:plain

朝市で黙って座っている娘さん

f:id:moritayuuzou:20210513101008j:plain

朝もやの中の屋外朝市(常設朝市の外)

f:id:moritayuuzou:20210513101021j:plain

野菜を売る娘さん

f:id:moritayuuzou:20210513100837j:plain

屋内の常設朝市

 本来の4大民族が、今では言葉がなんとか通じ、衣服や風習も類似しているので、私には見分けができなかったが、現地の人々には見分けられるとのことだった。

f:id:moritayuuzou:20210513100948j:plain

道端に物を並べる屋外の朝市

f:id:moritayuuzou:20210513100944j:plain

道沿いに並ぶ朝市

 とにかく、豊かな食材が所狭しと地上や長いテーブルの上に並べられている。高い山に囲まれたプーターオ平原には川が多く、エーヤワディー河の源流の1つでもある。その川にいる魚の種類が多いのに驚かされた。現地の人達に何度も尋ねたが、プーターオの川にいる魚だという。

f:id:moritayuuzou:20210513101018j:plain

地上にビニールを敷き、魚を並べて売る女性たち

f:id:moritayuuzou:20210513100842j:plain

いろいろな川魚が並べられている

f:id:moritayuuzou:20210513100952j:plain

魚を並べて静かに客を待つ

f:id:moritayuuzou:20210513100956j:plain

魚を売っていたかわいい娘さん

f:id:moritayuuzou:20210513101000j:plain

テーブル上に魚を並べて売る人たち

f:id:moritayuuzou:20210513101005j:plain

とにかく魚を売る人が多い

 海から1300キロも離れた山奥の高地に、海とはほぼ同じような魚がいる。サヨリ、チヌ(黒鯛)、コノシロ(コハダ)、ウツボ、ボラなど、私の故郷の海で見かけるような魚がいる。

f:id:moritayuuzou:20210513100856j:plain

次から次に買い手が来るので、8時ころまでには売り切れる

f:id:moritayuuzou:20210513100900j:plain

海の魚と見分けがつかない

f:id:moritayuuzou:20210513100846j:plain

川の子魚

f:id:moritayuuzou:20210513100913j:plain

大きなマスか?

f:id:moritayuuzou:20210513100904j:plain

男たちがとった魚を、女たちが朝市で売る

 海から遠く離れた内陸の山奥の川に、海とほぼ同じような新鮮な魚が朝市で売られている。今朝か、前日に獲った魚だと思うが、これらの魚たちは、川から海へ出たが、海から川をはるばる上って来たのだろうか。

f:id:moritayuuzou:20210513100909j:plain

海から遠く離れた山奥の川魚

f:id:moritayuuzou:20210513100917j:plain

”はたはた”のようなな魚

f:id:moritayuuzou:20210513100921j:plain

”さより”のような魚

f:id:moritayuuzou:20210513100925j:plain

ナマズと”ゴンズイ”のような魚

f:id:moritayuuzou:20210513100929j:plain

大ウナギか?

f:id:moritayuuzou:20210513100934j:plain

”アナゴ”のような魚

f:id:moritayuuzou:20210513100940j:plain

大ウナギ

f:id:moritayuuzou:20210513104622j:plain

取りたての”コノシロ”の様な魚

 いずれにしても、海と同じように、魚・カニ・エビなどの種類が多いのには驚かされた。人類と同じように、魚類も水を頼って遠くまで移動したのだろうか。プーターオで1番驚かされたのは、朝市において、新鮮な多くの海魚と同じような川魚が売られていたことだった。