地球へめぐり紀行

新制中国の望郷編

ミャンマー北部探訪㉗ 川沿いの町カムティ

 ミャンマー西北部の山岳地帯にあるナガ族の町、“ラヘ”を訪ねるため、2017年11月26日に、マンダレーからカムティへ飛んだ。

f:id:moritayuuzou:20210519184151j:plain

カムティ飛行場

 カムティ空港に午後1時に着いた。初めての町で何も情報がなかった。空港のオフィサーに話しかけ、日本から来た旨を伝え、町までのタクシーと宿泊先を紹介してもらった。

f:id:moritayuuzou:20210519184358j:plain

宿泊したミヤナンタウ・ゲストハウス

 町は空港から5、6キロで、直ぐに紹介先の“ミヤナンタウ・ゲストハウス”に着いた。ゲストハウス近くのレストランでチャーハンを食べ、午後2時半から一人で街を見て歩いた。

f:id:moritayuuzou:20210519184156j:plain

レストランで食べたチャーハン

f:id:moritayuuzou:20210519184345j:plain

カムティの商店街

f:id:moritayuuzou:20210519184349j:plain

カムティの中心街

f:id:moritayuuzou:20210519184354j:plain

竹製品を売る店

 カムティはチンドウィン川上流の、川沿いの人口3万人の町で、川船による物資流通の拠点として栄えていたそうだ。もともとはシャン族中心であったが、今ではビルマ族も多くなっているとのこと。

f:id:moritayuuzou:20210519184332j:plain

中心街の川近く 

f:id:moritayuuzou:20210519184336j:plain

中心街の万事屋

f:id:moritayuuzou:20210519184205j:plain

オートバイの修理屋

f:id:moritayuuzou:20210519184316j:plain

 民家の庭での宴会?

f:id:moritayuuzou:20210519184320j:plain

店番をする子供

f:id:moritayuuzou:20210519184325j:plain

雑談をする婦人たち

 川沿いの街には“琥珀”を売る店があった。琥珀は、大昔の樹脂が地中で化石のようになった宝石の一種なのだが、聞くところによると、この近辺は琥珀が出土することでも知られているとのことだった。しかし、上質の琥珀マンダレーヤンゴンの方に持ち去られ、観光客や人口の少ないここにはあまり高価なものは置いていないとのことだった。

f:id:moritayuuzou:20210519185525j:plain

川沿いの通り

f:id:moritayuuzou:20210519184201j:plain

川沿いの通りの店で売られていた琥珀

f:id:moritayuuzou:20210519184341j:plain

街頭で琥珀片のネックレスを売っていた婦人

 午後4時頃から川沿いを歩き、川船が沢山停泊している様子を見た。大陸における川は、古来のハイウウェイで、船による物資流通にはなくてはならない道の役割をなしていた。

f:id:moritayuuzou:20210519184249j:plain

チンドウイン川沿いの土手の上

f:id:moritayuuzou:20210519185807j:plain

川船の停泊場所

f:id:moritayuuzou:20210519184219j:plain

川岸にもやった川船

f:id:moritayuuzou:20210519184223j:plain

川船での生活者

f:id:moritayuuzou:20210519184214j:plain

船室にいる生活者

 船上で生活する人も、陸上で生活する人も皆、川の水なくしては生きられないので、人々は日常的に川には馴染んでいる。この町には本来風呂もシャワーもなかったそうだ。彼らは年中川の水を使って生活していた。しかし、今、モダンな家にはシャワーはあるが、風呂はないそうだ。

f:id:moritayuuzou:20210519184210j:plain

川沿いで洗濯する婦人たち

f:id:moritayuuzou:20210519184232j:plain

川沿いの洗濯風景

f:id:moritayuuzou:20210519184228j:plain

水浴びする少年たち

f:id:moritayuuzou:20210519184236j:plain

舳先に,航江中の安全を願って、神柴を生けている川船

f:id:moritayuuzou:20210519184241j:plain

川岸から船にわたる板橋

f:id:moritayuuzou:20210519184306j:plain

物資満載の川船

 夕方になると、タオルを肩に掛けた女性たちが、川岸に浮いた竹製の浮き台の上に、日本人が銭湯に入るように集まり、水浴びをしていた。まるで娯楽の一時のように、楽し気な活話が川面に響き、華やいでいた。

f:id:moritayuuzou:20210519184253j:plain

川岸にもやった竹製の浮き台のそばで水浴びする女性たち

f:id:moritayuuzou:20210519184258j:plain

水浴びに向かう女性

f:id:moritayuuzou:20210519184302j:plain

水浴びしながら浮き台の上で談笑する女性たち

f:id:moritayuuzou:20210519184312j:plain

夕方、川で釣りをする男性

 私は川沿の岸辺にころがっている、宝石のような青・赤・褐色・黒・白色などの珍しい石ころを見て歩いた。表面に凹凸のある鉄のように重い卵大の石ころを一つ拾い上げた。もしかすると“隕石”かもしれないと思い、ポケットの中に入れて持ち帰った。

f:id:moritayuuzou:20210519184245j:plain

上流から流れ来て丸くなった、川辺のいろいろな小石。