地球へめぐり紀行

ユーラシア大陸横断鉄道の旅 編

ユーラシア大陸横断鉄道の旅⑬ 平壌→新義州

 平壌駅は、外観は大変立派なのだが、校内には市民生活を潤すものがなにもなく、時刻表や運賃表すらない。まったく殺風景な構内だが実に広々としている。

f:id:moritayuuzou:20201109171317j:plain

立派な建物の平壌

f:id:moritayuuzou:20201109171321j:plain

駅構内で切符を求める人たち

f:id:moritayuuzou:20201109171326j:plain

平壌駅の改札口

f:id:moritayuuzou:20201109171346j:plain

だたっぴろいプラットホーム

 平壌駅の幅30メートルはあろうかと思われるプラットホームに、北京行きの国際列車が停まっていた。ディーゼル機関車の次は郵便車で、その次の2両が北京まで行くのだが、あとの15両は国境の町、新義州行き。

f:id:moritayuuzou:20201109171343j:plain

新義州まで行く機関車

f:id:moritayuuzou:20201109171330j:plain

殺風景なプラットホーム

f:id:moritayuuzou:20201109171335j:plain

平壌から北京までの標識

f:id:moritayuuzou:20201109171339j:plain

平壌のプラットホームで見送る人たち

 日本では見られないような、広くて何もないガランとした構内を、記念にと思って撮影していると、「早く、早く」と係員と太さんに急き立てられて汽車に乗り込んだ。 私の席は、2両目の12号車4号室14番上段のベッドである。4人用のコンパートメントで、中国の瀋陽まで行く北朝鮮人2人と、北京に向かうエチオピア人が相客。

f:id:moritayuuzou:20201109171419j:plain

寝台車の様子

f:id:moritayuuzou:20201109171350j:plain

寝台車の通路で遊ぶ子供たち

 定刻の正午になると「ピリピリ」という笛を合図に発車した。私は部屋には入らず、通路に立って窓外を眺める。25分後に平壌飛行場の脇を通ったが、飛行機は見かけなかった。

f:id:moritayuuzou:20201109171355j:plain

線路沿いに見えた村

 線路沿いの大地は赤褐色で、一見して枯れ野だ。水田よりも畑が多く、土地は痩せている。ところどころにビニールで被った稲やコウリャン、トウモロコシなどの苗床がある。山には背丈の低い松が生えているが、地肌が見える。桃や杏の花が咲いているものの、空気が霞んでいるせいか、大地の色に消されて美しさを感じない。この辺まで北上すると、ヤマザクラはもう見られない。

f:id:moritayuuzou:20201109171358j:plain

線路沿いに見えた朝鮮ニンジンの栽培地か?

  太さんが、午後1時に昼食を予約しておいたので、食堂車に行き、朝鮮料理を食べる。客は北京行きの国際列車に乗っている人だけで、一般車両の人々はいなかった。

f:id:moritayuuzou:20201109171404j:plain

食堂車内

f:id:moritayuuzou:20201109171407j:plain

食堂車の朝鮮料理

 2時35分に宣川という駅を通過する。線路沿いに山が見えるが、標高100メートル以下の小山ばかりである。冬用の防寒のためなのか、窓は目張りされているので開かない。それに窓ガラスが汚されているので、風景を楽しむことも出来ない。移り行く車窓の光景を楽しむことのできない汽車の旅は、何とも味気ない。

f:id:moritayuuzou:20201109171411j:plain

寝台車用のトイレ

f:id:moritayuuzou:20201109171415j:plain

寝台車用の洗面所

f:id:moritayuuzou:20201109171423j:plain

新義州近くの村

  3時50分、新義州に到着。ここでディーゼル機関車を替え、北京行きの2両以外は切り離された。国際列車の客は、ロシア、エチオピア、モンゴル、インドネシアシンガポールの人のほかは、中国人と朝鮮人である。

f:id:moritayuuzou:20201109171432j:plain

新義州駅のプラットホーム

f:id:moritayuuzou:20201109171427j:plain

新義州駅の出口

f:id:moritayuuzou:20201109171435j:plain

新義州駅前の広場

f:id:moritayuuzou:20201109171444j:plain

新義州駅前の通り

 1時間以上も停車するというので、駅構内から外の光景を眺めた後、駅舎の2階に上がってみる。バーに入ると、キリンとアサヒの缶ビール、かっぱえびせんなどを売っていたが、いずれも日本より安い。インスタントコーヒー1杯が缶ビール1個よりも高価で、180円であった。私は、缶ビールを買って飲みながら出発を待った。

f:id:moritayuuzou:20201109171448j:plain

駅構内のバー

f:id:moritayuuzou:20201109171453j:plain

新義州駅での筆者