地球へめぐり紀行

ユーラシア大陸横断鉄道の旅 編

ユーラシア大陸横断鉄道の旅⑭ 新義州→丹東

 新義州の駅を出ることは出来なかったが、改札口までは行けた。主にプラットホームを歩きながら出発を待った。

f:id:moritayuuzou:20201109171909j:plain

新義州駅の出口に立つ筆者

 汽車は午後5時10分に新義州の駅を発った。間もなく鴨緑江にかかる鉄橋にさしかかる。幅500メートルほどの川は、まさしく中国大陸と朝鮮半島の境である。冬は凍結するので歩いて渡れるが、春から秋にかけては、昔から越すに越せない大河であった。 

f:id:moritayuuzou:20201109171829j:plain

 新義州駅から丹東の方を見る

f:id:moritayuuzou:20201109171832j:plain

丹東に向かう機関車「東風」

f:id:moritayuuzou:20201109171836j:plain

機関車についていた標識

 歴史書によると、東北アジアから南下してきた遊牧騎馬民族は、この川にずいぶん悩まされたとある。そしてまた、絶えず朝鮮半島支配下に置こうとした漢民族も、この川にはてこずったそうだ。まさしく民族の住み分けを可能にした天然の境界であった。 

f:id:moritayuuzou:20201109171844j:plain

北朝鮮側の鴨緑江沿いにある公園

f:id:moritayuuzou:20201109171848j:plain

北朝鮮側から見た鴨緑江

f:id:moritayuuzou:20201109171840j:plain

鴨緑江沿いの北朝鮮の検問所

 朝鮮戦争当時、中国からの物資輸送路を断つために、アメリカ国連軍によって爆破された古い鉄橋が、川の中程で切れたまま残っている。40年もの歳月が流れているのだが、錆びた鉄の固まりは、今もまだ頑なに戦争の破壊や残虐行為を語り続けている。 

f:id:moritayuuzou:20201109171851j:plain

鉄橋の上から丹東側を見る

f:id:moritayuuzou:20201109171856j:plain

朝鮮戦争当時爆破されたままの古い鉄橋の残骸

f:id:moritayuuzou:20201109171900j:plain

鴨緑江沿いの丹東側

  北朝鮮と中国の国境である鴨緑江にかかる新しい鉄橋を渡ると、もう中国側の丹東。川を挟んで新義州の対岸にある町だが、時差が一時間あり、丹東駅には現地時間の4時半に着く。この間わずか20分足らずである。 

f:id:moritayuuzou:20201109171905j:plain

鴨緑江沿いの中国側検問所

f:id:moritayuuzou:20201109171922j:plain

丹東駅のプラットホーム

f:id:moritayuuzou:20201109171918j:plain

丹東駅プラットホームにある事務所

f:id:moritayuuzou:20201109171947j:plain

プラットホームにたたずむ税関の職員たち

 丹東駅で車内に入ってきた税関員は、客の持ち物をうるさく調べ、所持金までチェックした。驚いたことに外国人である私の所持金まで数えた。あまり気持ちのよいことではないが、ここはまだ国際的によく知られているわけではないし、欧米や日本からの旅行者が多いわけではないので、彼らは、十把一からげに扱い、一方的に、しかも不信感をあらわにして調べるのである。

f:id:moritayuuzou:20201109171931j:plain

丹東の駅前

f:id:moritayuuzou:20201109171935j:plain

丹東駅前のバス発着所

f:id:moritayuuzou:20201109171950j:plain

丹東駅前通

 私は、事細かく調べられて気分を悪くさせられたが、文句を言っても仕方がないだろうと、彼らの要求に任せた。何かを要求されることはなく、調べ終わると、何事もなかったかのように去って行った。

 駅から出ることはできなかったが、駅構内やプラットホームから周囲を眺めながら出発待った。 

f:id:moritayuuzou:20201109171940j:plain

丹東駅の線路

f:id:moritayuuzou:20201109171927j:plain

丹東 北京間の特急標識

f:id:moritayuuzou:20201109171913j:plain

丹東駅のプラットホームに立つ筆者