地球へめぐり紀行

地球へめぐり紀行

ユーラシア大陸横断鉄道の旅 編

アクラの市場街 ガーナ

 アクラは、カカオの産地で知られたガーナ共和国の首都で、最大都市でもあり、当時の人口は150万人くらい。

 アクラは、日本人にとっては、黄熱病を研究した野口英世博士で有名で、博士の銅像もあり、立派なアクラ大学もある。

 私が訪れた1970年9月当時は、1957年に英国から独立した13年後で、まだ未発達状態であった。今は近代化した大きな町になっているだろうが、当時の市場はすでに活気があった。

f:id:moritayuuzou:20200924175105j:plain

「FREEDOM AND JUSTICE」と明記された1957年建立の記念塔

f:id:moritayuuzou:20200924175109j:plain

アクラの中心街

f:id:moritayuuzou:20200924183520j:plain

街中にある野口英世博士の胸像

f:id:moritayuuzou:20200924175202j:plain

古いアクラ大学の建物

f:id:moritayuuzou:20200924175113j:plain

街頭に植えてあった葉ゲイト

f:id:moritayuuzou:20200924175117j:plain

アクラの市場で衣類を売る店

f:id:moritayuuzou:20200924175121j:plain

市場で衣類を買い求める人々

f:id:moritayuuzou:20200924175125j:plain

市場で焼き肉を売る店

f:id:moritayuuzou:20200924175130j:plain

市場の風景

f:id:moritayuuzou:20200924175133j:plain

市場で煮物をする婦人

f:id:moritayuuzou:20200924175139j:plain

市場で杵を持つ女性たち

f:id:moritayuuzou:20200924175143j:plain

市場での履物売り

f:id:moritayuuzou:20200924175148j:plain

トマトのようなものを売る女性

f:id:moritayuuzou:20200924175152j:plain

大きな日よけ帽子をかぶってハサミなどの刃物を売る女性

f:id:moritayuuzou:20200924175158j:plain

椰子の葉で編んだ縁の広い日よけ帽子