地球へめぐり紀行

地球へめぐり紀行

ユーラシア大陸横断鉄道の旅 編

古都イバダンの子供たち ナイジェリア

 私は、お世話になった日本人の車で、ラゴスから約150キロ北のイバダンの街を訪れた。途中、大蛇の仔を捕えた子どもたちに会い、撮影した。

f:id:moritayuuzou:20200918172205j:plain

イバダンへの道沿いで蛇を持つ筆者

 イバダンはオヨ州都で、人口約200万のナイジェリア3番目に大きな都市。ヨルバ族の中心地であり、カカオやヤシ油などの農産物の集積地として発展した町。標高約200mの丘陵上にあり、19世紀初頭イバダン王国の首都であったこともあり、ラゴスとは町の雰囲気が少々違い、思ったより落ち着いた町であった。

f:id:moritayuuzou:20200924173731j:plain

イバダンの町全景

f:id:moritayuuzou:20200924173736j:plain

トラックを改造した乗り合いバス

f:id:moritayuuzou:20200924173740j:plain

イバダンの市場

f:id:moritayuuzou:20200924173745j:plain

市場にいた子供たち

f:id:moritayuuzou:20200924173750j:plain

市場にいた婦人たちの格好

f:id:moritayuuzou:20200924173754j:plain

器としてのヒョウタンを売り歩く婦人

f:id:moritayuuzou:20200924173758j:plain

市場にいた可愛い少女

f:id:moritayuuzou:20200924173803j:plain

市場にいた少年たち

f:id:moritayuuzou:20200924173807j:plain

看護婦の髪形

f:id:moritayuuzou:20200924173811j:plain

イバダンの動物園にいた珍しい赤毛

f:id:moritayuuzou:20200924173726j:plain

改造バスの運転席にいる筆者