新制中国の望郷編⑯ 福建省 南山畲族の稲作文化

  浙江省南部の景寧畲族の村は訪ねたが、最も畲族の多い福建省北部の寧徳地方をまだ訪れていなかった。

 1995年10月9日の夕方、北京から福州へ飛んだ。翌日の朝、通訳兼案内人の陳凡氏(25歳)と、劉建輝氏(38歳)運転の車で、139キロ北の寧徳へ向かった。

f:id:moritayuuzou:20210721143256j:plain

寧徳市

f:id:moritayuuzou:20210721143308j:plain

寧徳市の市場

 人口37万人の寧徳は、畲族の人々が多い大変古くからの港町で、唐時代には福寧府と呼ばれていた。私たちは、海岸近くの閩東大酒店に泊まった。北京を出る前に、古い友人の国家旅游局次長何光偉氏に福建省に行く旨を伝え、協力をお願いしておいた。省旅游局から寧徳旅游局に連絡があったそうで、午後6時前に、雷愛花女史(33歳)が訪れた。そして、彼女が全責任を持って、明日から南山地方を案内すると告げてくれた。

f:id:moritayuuzou:20210721143456j:plain

南山地方を案内してくれた雷愛花さん

 翌10月11日、雷さんが9時にホテルへ来て、すぐに出発した。途中、南山地方管理事務所に立ち寄って、外国人の私が、村に滞在(宿泊)できる許可を取った。

f:id:moritayuuzou:20210721143604j:plain

南山地方を管轄する共産党の事務所

 午後1時に南山村に着いた。南山村はこの辺7カ村の中心的村で、26軒、120人が住んでいる。山奥のシャ族は、まだ漢民族との混血はあまりなく、比較的純粋な越系民族の末裔である。

f:id:moritayuuzou:20210721143704j:plain

山裾にある南山村

 南山地区共産党委員会書記の雷細木氏(49歳)の指示で、近辺の村人が呼び集められ、歓迎用に歌や踊りを披露してくれた。

f:id:moritayuuzou:20210721143750j:plain

南山地方のシャ族の女性たち 頭の大きな飾りは既婚者、輪は未婚者

f:id:moritayuuzou:20210721143800j:plain

女性たちの後ろ姿

f:id:moritayuuzou:20210721143815j:plain

南山地方の少女

f:id:moritayuuzou:20210721143854j:plain

南山小学校の子供たち

 世界中どこに行っても歌がある。楽器は感情を表現し、歌詞は心を表現する。彼らの歌の中には「田植え歌」もあった。

f:id:moritayuuzou:20210721143939j:plain

南山村の神棚

 “4月22日には田植えする人がいっぱいいて、左手に苗を持ち、右手で田圃に苗を植えます。5月9日になると、すべての田に苗が植えられて、緑がいっぱいになります”

f:id:moritayuuzou:20210726111245j:plain

南山村のシャ族の家

 彼らの暦は旧暦(農暦)で、田植えの時と方法を歌にして伝えている。村人たちが、年間の稲作労働の作業中によく歌うのは”造田歌”である。

f:id:moritayuuzou:20210721144137j:plain

棚田の稲を見る女性

f:id:moritayuuzou:20210721144024j:plain

籾を干す農民

 南山村には平地は少ないが、山のゆるやかな斜面に棚田が広がっている。旧暦4月に植えて8月に収穫するので、すでに刈り入れは終わっている。

f:id:moritayuuzou:20210721144212j:plain

シャ族の民俗風情展示場の案内

 村の全ての家の収穫・脱穀を終えた後、7ヶ村の村長が集まって、年に一度の“ギー”と呼ばれる祭りの日を決める。その日は、まず自分の家で新米を炊いて神座に供え、家族全員が一緒に御馳走を食べる。その後、村人たちが集まって歌ったり、踊ったりして楽しむ。これは、日本の皇室にもある、天皇が神と共に新米を食べる“新嘗祭”に共通する祭りである。

f:id:moritayuuzou:20210721144353j:plain

シャ族のの村で食べた薬膳のような料理

 餅つきは、旧暦11月1日に一度だけ行う。3月3日は“サンゲサン”と呼ばれ、木の葉に包んだ飯を皆で一緒に食べ、5月5日には“モチョン”と呼ばれる粽をつくって食べる習慣がある。

f:id:moritayuuzou:20210721144426j:plain

南山村の婦人

 南山村では雷細木さんの家で世話になった。彼の家は木造の2階建てで、1階を増改築していたが、その部屋を1つ与えてくれた。彼の家族は、妻と78歳の父親、子ども2人、娘の夫と孫が1人の合計7人。 

f:id:moritayuuzou:20210721144500j:plain

私を世話してくれた雷さん一家と親族

 彼の家で昼食も夕食も、大勢の村人たちと一緒に食べた。畲族の料理は日本人の口に合う味で、漢民族料理のように脂っこくはない。

f:id:moritayuuzou:20210721144740j:plain

雷さんの家の料理

 夜遅くまで村人が集まり、焼酎を飲み、たばこを吸って、楽しげによく話す。通訳が1人なので、情報は私の好みによって制限されるが、村人たちは私に何かを伝えたいのだろうが、全部は聞けない。

f:id:moritayuuzou:20210721144553j:plain
f:id:moritayuuzou:20210721144628j:plain
村の老人と小川で洗濯する女性
f:id:moritayuuzou:20210721144643j:plain
f:id:moritayuuzou:20210721144607j:plain
既婚者が付ける頭の飾りが見事な女性と竹製の寝台に横になる男性

 彼らは日本を知っていた。繁栄国日本のイメージが強く、私に大変な興味と関心を持ち、日本人を見たくて、話がしたくて、次から次にやって来る。彼らは私を見て笑い、驚き、「なんだ、同じ顔をしているではないか」といわんばかりに近づいて手を握ったり、話しかけたりしてくる。

f:id:moritayuuzou:20210721145002j:plain

茶摘みをしてくれた娘たち

f:id:moritayuuzou:20210721145020j:plain

未婚の女性は頭に輪をかけている

f:id:moritayuuzou:20210721145030j:plain

南山シャ族の美女たち 彼女たちは純粋な越系民族の末裔

 私からすると、彼らは皆、日本人と同じような、稲作農耕民の顔。40数年前の故郷の人のような人々ばかりで、なんとなく懐かしく、親しみがある。そのせいか、私もつい笑って親しく手を握ってしまう。時間が少ないので気は焦るが、酔いも回って調査や取材などできないまま、時が過ぎた。

f:id:moritayuuzou:20210721145048j:plain

南山村の少女