新制中国の望郷編④ 江蘇省 蘇州

 蘇州は、江蘇省南東部の長江(揚子江)三角州の中心に位置し、運河に囲まれて縦横に水路が走る町。歴史は古く、春秋時代の紀元前514年に、呉王によって都城が築かれたのが始まりとされている。当時は呉州であったが、後の隋時代の紀元589年に“蘇州”に改名された。

f:id:moritayuuzou:20210629165420j:plain

蘇州駅

f:id:moritayuuzou:20210629165437j:plain

町中のいたるところにある運河のような水路

f:id:moritayuuzou:20210629165450j:plain

水路を掃除する人

 中国大陸の長い歴史の中では、それぞれの民族が戦いを繰り返し、いろいろな王国の盛衰があった。蘇州は“呉越同舟”で有名な呉の都として長く栄えた町だが、“春秋時代”から幾多もの侵略を受け、街は敵や夜盗の侵入を恐れてか、中近東のアラブ諸国の街並みのように、高い白壁が続き、道は迷路のようになっている。

f:id:moritayuuzou:20210629165557j:plain

床面に小石を敷きつめる技術者

f:id:moritayuuzou:20210629165607j:plain

小石で描いた床絵

f:id:moritayuuzou:20210629165642j:plain

世界文化遺産”江村橋”の碑

f:id:moritayuuzou:20210629165713j:plain

水路の上にかかる世界文化遺産の江村橋

f:id:moritayuuzou:20210629165655j:plain

水路沿いに建ち並ぶ白壁の家

 蘇州の近辺は、長江河口近くの水田地帯で、運河が多い。すでに1千年前、南は杭州から北は北京までの京杭運河が開通し、今も利用されている。

f:id:moritayuuzou:20210629165813j:plain

京杭運河沿いにある寶帯橋の碑と獅子像

f:id:moritayuuzou:20210629165824j:plain

一千年も前に作られた京杭運河

f:id:moritayuuzou:20210629165838j:plain

運河を行く荷物運搬船の列

f:id:moritayuuzou:20210629165852j:plain

長年の風雨に耐えて、京杭運河を見守る獅子像

f:id:moritayuuzou:20210629165906j:plain

運河を行く帆掛け船

 蘇州は、唐代以降にはシルク産業で発展し、宋代には、自然の立地条件を生かして、農業と商業が盛んで、北京や上海などよりも早くから栄えた町であった。

f:id:moritayuuzou:20210629165954j:plain

蘇州近郊は長江河口の稲作地帯で、稲藁を運ぶ船

f:id:moritayuuzou:20210629170007j:plain

稲藁を家のように積み上げて保存する

f:id:moritayuuzou:20210629170023j:plain

蘇州名物の扇に絵を描く女性

 蘇州の街は、家も人も古代からそんなに変化してはいない。レンガ造りの家が並ぶ街頭に干した洗濯物は、赤・青・黄・紺・ピンク・白・黒・水玉模様と多彩だ。北京や上海よりも近代的ではないが、運河と柳とプラタナスの並木が美しく、落ち着いた静かな街。

f:id:moritayuuzou:20210629170042j:plain

蘇州名物のプラタナスの街路樹

f:id:moritayuuzou:20210629170056j:plain

天秤棒を担いで物売りする女性

f:id:moritayuuzou:20210629170432j:plain

街頭の床屋さん

f:id:moritayuuzou:20210629170157j:plain

水の都蘇州は湿地帯が多く、沼地に生える水草ヒシの実が良く売られている。

 天秤棒で果物を担ぎ売り、リヤカーで野菜を運び、自転車を走らせる。共同水場で水を汲み、水路に船を進め、木製の便器を洗う風景、それに、街頭に小さなテーブルを出してお茶を飲み、粥とメンとパンとザーサイと豚肉と鴨を好んで食べることは、新制中国になっても、あまり変わることなく続いている。

f:id:moritayuuzou:20210629170234j:plain

白壁の前で休む女性

f:id:moritayuuzou:20210629170246j:plain

夕方、街頭で群れなして休む男達

f:id:moritayuuzou:20210629170337j:plain

白壁が続く街頭の共同水場