地球へめぐり紀行

新制中国の望郷編

ユーラシア大陸横断鉄道の旅⑰ 西安

 西安を中心とした渭河(ウェイハ)の流域は、昔から「関中」と呼ばれ、周囲を山に囲まれた肥沃な渭水盆地である。しかし、雨は7、8、9月に集中し、年間600ミリくらいしか降らない。紀元前12世紀の西周から秦、漢、隋、唐に至るまでに、11の王朝がこの関中盆地に都を置いた。

 紀元前221年に秦の始皇帝統一国家秦を建国した。やがて漢民族の国家である前漢時代が始まったが、当初の始皇帝が漢字の字体を統一した「篆書(てんしょ)」を創り出し、その後漢時代の終わるまでの400年間に、漢字文化が形成され、中国大陸における漢民族社会が確立されたといわれている。その中心地が昔の長安の都、現在の西安である。

 西安には、今、年間32万人もの外国人が訪れる。そのうち10万人が日本からの観光客で、今年(1992)7月1日には、名古屋からの直行便が就航する。

 唐時代には日本から多くの留学僧がこの長安の都を訪れ、その後の日本文化に多大な影響を及ぼした。奈良とは文化的かかわりの深い古都なのである。

f:id:moritayuuzou:20201113190550j:plain

西安駅前の筆者

f:id:moritayuuzou:20201112110806j:plain

西安の土産物店

f:id:moritayuuzou:20201112110810j:plain

西安の食糧品市場

f:id:moritayuuzou:20201112110814j:plain

蛇を売る店

f:id:moritayuuzou:20201112110818j:plain

淡水魚を売る店

f:id:moritayuuzou:20201112110822j:plain

食料品店

f:id:moritayuuzou:20201112110826j:plain

各種漬物を売る店

 現在の西安名物は、なんといっても夜の街頭に並ぶ安くてうまい物を売る屋台である。

2カ所あるが、1つは南昌門通りの南門と西安賓館の間に100軒ほどの小さな屋台が並んでいる。1人5元(125円)も出せば十分食べられる。

 麺だと一杯1.5元、餃子は1皿2元、羊や鶏の焼き肉は1皿2元である。

f:id:moritayuuzou:20201112110918j:plain

焼き肉の屋台売り

f:id:moritayuuzou:20201112110915j:plain

焼き肉が安く食べられる屋台

f:id:moritayuuzou:20201112110906j:plain

麺類が安く食べられる屋台

f:id:moritayuuzou:20201112110911j:plain

屋台の餃子つくり

 夜遅くまでやっているのでよい散歩コースになる。もう1つは、有名な餃子専門店「徳発長」。80年前からある大きな店で、なんと餃子が209種類もあり、食べ歩くには十分である。

f:id:moritayuuzou:20201112110846j:plain

有名な餃子専門店「徳発長」

 この餃子店で、まずは西安特産の「貴姫美酒」という、もち米で作った白いにごり酒を温めて飲む。そして、筍、髪菜(ファーサイ)、菜、きのこ、フカヒレ、あわび、トマト、豚、鯉、蟹、鴨など18種の餃子を食べた。最後に清朝末期の実力者西太后が好んで食べたという「后火鍋」を賞味する。

f:id:moritayuuzou:20201112110850j:plain

小龍包

f:id:moritayuuzou:20201112110854j:plain

各種餃子

 これは、北京から西安に逃亡してきた西太后が作らせた、小指の爪よりまだ小さい豆粒ほどの鶏肉餃子で、「真珠餃子」と呼び、好んで食べたそうだ。この1人前が3粒。それは、西太后が3つしか食べなかったからだと言う。 

f:id:moritayuuzou:20201112110858j:plain

真珠餃子や水餃子をゆでる専門家

f:id:moritayuuzou:20201112110902j:plain

テーブルを囲んで各種餃子を食べる人々

 日本の遣隋使や遣唐使も当時の長安を訪れ、仏教だけではなく、穀物や果物、野菜、医薬、歌舞など、多くのものを日本に持ち帰った。この長安であった西安を接点として、シルクロードの文明,文化が日本の奈良へと伝わってきた。 

f:id:moritayuuzou:20201112110830j:plain

街頭での自転車修理屋

f:id:moritayuuzou:20201112110842j:plain

市街地にある小雁塔

 現在の西安郊外の方角的特徴は、東には紡績工場、西にはエレクトロニクスの電気工場が集中し、南は教育区で、西安交通大学、西北大学、西北工業大学など38もの大学が集まっている。北は農業地区で麦、トウモロコシ、菜種などが栽培され、西安空港がある。

f:id:moritayuuzou:20201112110834j:plain

玄奨三蔵ゆかりの大雁塔 2014年に世界文化遺産となる

f:id:moritayuuzou:20201112110838j:plain

西安城壁