地球へめぐり紀行

地球へめぐり紀行

ユーラシア大陸横断鉄道の旅 編

ミャンマー

ミャンマー西北部の町プーターオ(2017年11月)

2017年11月24日から、ミャンマー北部の民族踏査に訪れ、中央部のマンダレーから北のミッチーナに飛んだ。カチン州都のミッチーナから更に北西へ約200キロ離れた、インドとの国境の町プーターオへは、山また山の悪路で、外国人が陸路で行くことは…

カチン州の踊る祭典”マナウ”(2015年1月)

ミャンマー北端のカチン州には沢山の部族が住んでいる。カチンは、英国植民地時代につけられた名称で、今はミャンマー語になっているが、カチン州の人々は自分たちをカチンと呼ばず、それぞれの部族名、例えば、ジンポー・タイ.リスー・ロワン・アジン・ト…

ビルマ族の古都シュエボ(2017年7月)

ビルマ族発祥の地でもあるシュエボは、ミャンマー第2の都市マンダレーから113キロ北にある平原の中の町だが、1752年にビルマ族の英雄アラウンパヤー王によって建設された古都である。以前は、モクソボと呼ばれる小さな町であったがそうだが、王は、…