地球へめぐり紀行

ミャンマー北部探訪 編

スペイン

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊵ リスボン→バルセロナ(最終回)

ユーラシア大陸横断鉄道の旅の終着点は、リスボンのサンタ・アポロニア駅であるが、もう1つの目的地は、本年(1992)7月にオリンピック大会が開催されるスペインのバルセロナである。 リスボンのサンタ・アポロニア駅舎 スペインのマドリード行き列車 …

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊳ マドリード→リスボン(ポルトガル)

マドリードからリスボン行きの列車は、5月15日午後1時55分、「ピー」という笛の合図で発車した。車両はスペイン製で、車掌もスペイン人の若い女性。車内放送はスペイン語とポルトガル語、そして英語が使われている。軟座の2等は2人掛けで、ほぼ満席…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㊲ パリ→マドリード(スペイン)

0108 5月14日午後6時半、パリのノルマンディ・ホテルからスペインのマドリード行きの列車が出るオーステルリッツ駅に向かった。車の渋滞でセーヌ川沿いで30分以上もかかり、駅には7時過ぎに着いた。 オーステルリッツ駅舎 オーステルリッツ駅構内 駅…