地球へめぐり紀行

ミャンマー北部探訪 編

カザフスタン

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉙ ウラリスク→モスクワ(ロシア)

5月8日、午後8時50分に、カザク共和国のウラリスクからロシア共和国最初の駅、アジンカに着いた。モスクワ時間ではまだ6時前。 ロシア最初のアジンカ駅 アジンカ駅の出口 列車はロシアに入ってからも平原を北西に走る。麦畑の中に村々が点在し、野焼き…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉘ カザリンスク→ウラリスク

5月8日、午前9時に車内放送が始まった。現地時間に合わせて放送が始まるので、昨日は8時だった。1日の北西に向かう走行距離約1000キロで1時間ずっと遅くなる。カザク共和国の時間は、中国とは1時間、ロシアとは3時間の時差がある。 アクチュビン…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉗ チムケント→カザリンスク

チムケントを過ぎ、西北に進路を向け、平原を走り、アリスの町には午前9時40分に着いた。 アリス近くの平原 プラットホームでは、頭には白い布を巻いたカザク族の女たちが、肉饅、パン、チョコレート、落花生、ネギ、赤カブやキュウリの漬物などの食料品…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉖ アルマ・アタ→チムケント

5月6日の午後、アルマ・アタは曇っていた。オトラル・ホテルから車でアルマ・アタ第2駅に午後5時20分に着いた。 第2アルマ・アタ駅の入口 ディナ女史はいろいろと気を遣って、駅まで見送りに来てくれた。そのうえ女車掌のナジャクさんと男車掌のアクソ…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅 ㉕アルマ・アタ

中国の阿拉山口から伊梨経由でカザク共和国の首都(当時)アルマ・アタに着いたのは5月4日午後3時であった。 アルマ・アタ中心街のトロリーバス 公園で遊ぶ子供たち オトラル・ホテルで遅い昼食をとり、旅行会社インツーリストの英語通訳ディナ女史に会っ…

ユーラシア大陸横断鉄道の旅㉔ ドルジバ→アルマ・アタ

翌8月12日は、まだ暗い6時30分に「白い森(アクトガイ)」駅に着いた。目覚めたものの、昨夜は3時ごろ横になったので、まだ眠く、再度寝入る。 8時20分に起きると、すでに陽は昇り、中央アジアのカザク平原を南に向かって走っていた。少々起伏はあ…